LS北見が優勝、世界選手権出場も決めた SC軽井沢クは「銀」

[ 2015年11月14日 22:10 ]

 カーリングのパシフィック・アジア選手権は14日、カザフスタンのアルマトイで行われ、女子で日本代表のLS北見は準決勝でカザフスタンを10―2で下し、決勝も韓国に8―7で勝って優勝した。上位2チームに与えられる来年3月の世界選手権(スウィフトカレント=カナダ)の出場権も獲得した。

 男子の日本代表で既に世界選手権(来年4月・バーゼル=スイス)の切符を手にしたSC軽井沢クは決勝で韓国に7―11で敗れた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年11月14日のニュース