本郷、ダイナミック演技で真央に次ぐ2位 自己新マーク「自信に」

[ 2015年11月6日 21:58 ]

冒頭の3回転3回転を成功させる本郷理華

フィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯 女子SP

(11月6日 中国・北京)
 シニア2季目の本郷が、昨年10月のフィンランディア杯で記録した65・75を更新する65・79の自己ベストをマーク。浅田に次ぐ2位スタートに「今できることを出せた。(自己新を)ほんのちょっと超えただけですが、自信になりました」と笑顔を見せた。

 シルク・ドゥ・ソレイユの「キダム」の曲に乗った。冒頭のフリップ―トーループの連続3回転を成功、「“今のは、いい!”と思った。いい感覚でできた」と波に乗った。2大会連続五輪出場の鈴木明子さんの振り付けで表現力もアップした。「去年までとは違った滑りを見てほしい」と話していたようにダイナミックな演技で観客を魅了。フリーへ向けても「ショートのように、思い切って滑りたい」と声を弾ませた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年11月6日のニュース