萱あん馬銅メダル「優勝しないとうれしくない」

[ 2015年11月2日 05:30 ]

あん馬の演技を見せる萱(AP)

体操世界選手権

(10月31日 英国・グラスゴー)
 種目別決勝・あん馬(31日)で銅メダルを獲得した萱(かや)は「演技は完璧だった」と話した一方で「優勝しないとうれしくない」と笑みはなかった。

 演技後は派手なガッツポーズで「(内村)航平さんより強い人はいないんで、そこが目標になる」と話すなど強気な性格。初出場の今大会は団体金メダルに貢献し、個人総合でも10位。白井との同学年コンビで16年リオデジャネイロ五輪でも主力を担うつもりで「来年も決めてこそ本物。満足しないで上を目指したい」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月2日のニュース