さすがの190・33点 チャン圧巻2季ぶりV

[ 2015年11月2日 05:30 ]

スケートカナダで優勝したチャン(AP)

GPシリーズ第2戦スケートカナダ最終日

(10月31日 カナダ・レスブリッジ)
 元世界王者のチャンが、情感あふれる圧巻の演技で2季ぶりのGPを快勝した。フリーで190・33の高得点を叩き出し「とても厳しい試合。良い日も悪い日もあるが、きょうは良い日だった」と満面に笑みが広がった。

 ソチ五輪後の休養中にあらためて競技生活が恋しくなり、第一線へ戻ってきた。楽しみにしていたライバルの羽生との対決も、フリーでは表現力を示す演技点で6・22点引き離して持ち味を発揮した。実力者は「もっと演技を安定させていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月2日のニュース