片岡2位 欧州予選会経費ゲット「本当うれしい」

[ 2015年11月2日 05:30 ]

ホールアウトし、ギャラリーの声援に応える片岡大育。通算10アンダーで2位に入った

男子ゴルフツアー マイナビABCチャンピオンシップ

(11月1日 兵庫県加東市 ABCゴルフ倶楽部=7130ヤード、パー71)
 片岡大育(27=Kochi黒潮CC)が6バーディー、1ボギーの66をマーク、通算10アンダーで2位に入った。欧州ツアーの最終予選会(14~19日、スペイン)へ向けて復調した上に、経費を大きく上回る賞金を手にした。金庚泰(29=韓国)が69を出し、通算12アンダーで通算10勝目、今季5勝目を完全優勝で飾った。賞金ランクも2位に7569万円差をつけ、10年以来の賞金王へまた前進した。

 片岡が経費もショットの課題もクリアした。5打差から出た最終日。前半で2つスコアを伸ばし迎えた後半。10番で惜しい3パットボギーがあったが、13番で「OK」の距離にバーディー、15番も1メートルにつけるなどショットで4バーディーも重ねた。

 優勝には2打及ばなかったが、2週連続予選落ちから一気に2位へジャンプアップ。「あおり打ちを上から打つように修正したら、後半からビシビシ来た。成績もうれしいけれど、ショットでこれだ!というものをつかめた」。2週後に、初挑戦する欧州ツアーの最終予選会へ向けて手応えを得たことを喜んだ。66の好スコアを出したことで、賞金1080万円を獲得。欧州まで自身を含めスタッフ3人の経費200万円を補って余りある賞金を手にし「本当うれしい」と顔をほころばせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月2日のニュース