明大5戦全勝 15日帝京大と直接対決でV争い

[ 2015年11月2日 05:30 ]

<明大・慶大>慶大のタックルを蹴散らす明大・尾又(中央)

関東大学ラグビー 明大42―10慶大

(11月1日 秩父宮)
 明大は接点の強さで終始優位に立ち、ボールを積極的に動かして31分までに4トライ。FW勝負にこだわった後半はパフォーマンスを落としたが、危なげなく慶大を退けて帝京大との全勝対決にこぎつけた。

 春シーズンに厳しいメニューを消化して走力とパワーを兼ね備え、5試合で許したトライはわずか2つと戦いぶりが安定。それでもフッカー中村主将は「防げるミスや反則が多かった。これが続いたら帝京大に負けてしまう」と反省を忘れなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月2日のニュース