日本、世界王者豪州破って初優勝 車いすラグビー

[ 2015年11月1日 15:27 ]

オーストラリアとの決勝で攻め込む池崎

 車いすラグビーのアジア・オセアニア選手権最終日は1日、千葉ポートアリーナで決勝が行われ、日本は昨年の世界選手権覇者オーストラリアを56―51で破り、大会8回目で初優勝を果たした。

 オーストラリアは8連覇を逃した。3位決定戦はニュージーランドが韓国を52―36で下した。

 来年のリオデジャネイロ・パラリンピック予選を兼ねた大会で、日本は前日に出場権を得た。

 競技は1チーム4人で、バレーボールに似た専用球を使う。全方向へのパスと車いすで相手にぶつかるタックルが可能で、ゴールラインを越えれば1点となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年11月1日のニュース