PR:

ラグビーNZ監督「大変な1週間」主将「仲間と戦えて誇り」

 ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会最終日は10月31日、ロンドン郊外のトゥイッケナム競技場で決勝が行われ、世界ランキング1位のニュージーランドが同2位のオーストラリアに34―17で快勝し、史上初の2連覇を達成した。1987年の第1回大会と合わせて3度目の優勝は歴代最多となった。

 ニュージーランドはSOカーターのPGで得点を重ね、WTBミルナースカッダーのトライで前半を16―3とリード。後半は開始早々にCTBノヌーがトライを挙げ、カーターのDG、バレットのトライで突き放した。過去2度優勝で4大会ぶり制覇を狙ったオーストラリアは後半の2トライで一時4点差に迫ったが、反撃も実らなかった。両チームがW杯決勝で対戦したのは初めてだった。

 次回大会は2019年に日本で初開催される。

 ▼ニュージーランド・ハンセン監督の話 選手たちを本当に誇りに思う。(準決勝から)大変な1週間を過ごしてきた。大会を通じて静かにチームを築き上げ、仕事を成し遂げた。素晴らしい。

 ▼ニュージーランド・マコウ主将の話 後半に勢いを失ったが、冷静さを失わずに流れを取り戻すことができた。4年前の最後の試合後に、次に出る旅では前人未到のことを成し遂げようと言っていた。仲間と戦えて誇りに思う。(共同)

[ 2015年11月1日 14:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月21日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画