さくら パーオン率50%でボギー先行…20位後退

[ 2015年11月1日 05:30 ]

3ボギー、75と崩れ20位に後退した横峯(AP)

USLPGAツアー ブルーベイLPGA第3日

(10月31日 中国・海南島 鑑湖ブルーベイGC=6778ヤード、パー72)
 16位から出た横峯さくら(29=エプソン)は3ボギーの75と崩れ、通算6オーバーで20位に後退した。72で回った野村敏京(22=フリー)が通算2オーバーで日本勢最上位の4位。70の上原彩子(31=モスフードサービス)が通算4オーバーの11位、森田遥(19=フリー)が通算13オーバーの51位。キャンディー・クン(34=台湾)と金世ヨン(22=韓国)が通算イーブンパーで首位に並んだ。

 横峯は5番でボギーが先行し、その後も12、18番でスコアを落とし、この日はバーディーを一つも奪えなかった。この日のパーオン率は50%にとどまるなど苦戦し、パット数も30とかみ合わない一日だった。前日は「ショットが良かった」と話していただけに、浮上のきっかけをつかんで最終日に臨みたいところだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年11月1日のニュース