連覇狙うNEC敗れる、昨季最下位に不覚 バレー女子プレミアL

[ 2015年10月18日 15:28 ]

 バレーボール女子のプレミアリーグは18日、東京体育館で第1節の2試合が行われ、2連覇を狙うNECが昨季最下位のトヨタ車体にストレートで敗れる波乱が起きた。日本代表主将の木村沙を擁する東レは3―1で日立に快勝した。勝ち点はトヨタ車体と東レが3でNECと日立は0。

 NECは相手の新加入選手、ラヒモワの強打に苦しみ、アタックで31得点を許した。第1セットを21―25で奪われ、その後も流れを変えられなかった。東レは迫田らの強打で逆転勝ちした。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月18日のニュース