WTB山田も五郎丸リスペクト!トップLで「ゴールキック蹴りたい」

[ 2015年10月13日 21:21 ]

試合でキックを蹴りたいと発言し会場を沸かせた山田

 ラグビー日本代表の帰国記者会見では、選手全員がそれぞれの思いを語り、W杯3勝の快挙に胸を張るとともに、トップリーグ、スーパーリーグと続く今後の戦いに向けて意欲を新たにしていた。

 サモア戦でトライを挙げたWTB山田章仁(30=パナソニック)は「素晴らしい経験となった。これから始まるトップリーグでも頑張っていきたい。今シーズンはゴールキックを蹴らせてもらおうかなと。ゴロー(五郎丸)のポーズを借りて蹴ろうと思っている」と、ここでも五郎丸をリスペクトするコメントで会場を沸かせた。

 また、サモア戦で37歳150日で先発出場。日本代表最年長出場記録を5日更新したロックの大野均(東芝)は、最後の米国戦は左膝を痛めてメンバー外だったが「試合の後から、ヒースロー空港を飛び立つまで人生で一番おいしいお酒をたらふく飲ませてもらいました」と満足げ。羽田空港に着いた時の出迎えには「12年間(日本代表を)やってきてずっと見たかった光景がそこにあり、うれしく思っている」と喜びをかみしめていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月13日のニュース