エディーHC、4年後の日本に警鐘 8強「非常に難しい」

[ 2015年10月13日 11:10 ]

米国戦から一夜明け、W杯を振り返るジョーンズHC
Photo By スポニチ

ラグビーW杯イングランド大会1次リーグB組 日本28―18米国

(10月11日 英国グロスター)
 日本代表は米国戦から一夜明けた12日、グロスター近郊の宿舎ホテルで会見を行った。ジョーンズHCは「次の試合に向けて準備をしない朝は変な気分。朝食をいつぶりか妻と一緒に取った。まだ本当に自分の奥さんか分からない」と冗談を交え、W杯を終えた感想を語った。

 目標の8強入りは逃したが、それに値するインパクトを国内外に与えた。「自分がジャッジすることではないが、ファンの反応を見れば(世界を最も驚かせたという)タイトルに値すると思う」と話した。

 一方で4年後、日本の8強入りには「非常に難しい。鍵となるポジションに人材が足りない。問題を見極めて、解決法を探らないといけない」と警鐘を鳴らした。リーチ主将も「4年後の代表にも経験(ある選手)が必要。厳しさを伝えたい」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月13日のニュース