フッカー堀江「歴史を変えた」4年後も「行けるところまで行く」

[ 2015年10月13日 05:30 ]

<日本・米国>米国・フライ(上)に強烈なタックルを浴びせる堀江

ラグビーW杯イングランド大会1次リーグB組 日本28―18米国

(10月11日 英国グロスター)
 FW陣を引っ張ってきたフッカーの堀江は「8強に行けなかったのは残念だけど、しっかり3勝して歴史を変えた」と4年間の成果に手応えをにじませた。

 SH田中とともに日本人初のスーパーラグビープレーヤーとなり、スキルとともにコミュニケーション能力を大幅に向上させ、それがチームの進化に直結した。ジョーンズHCから「世界レベルのフッカー」と称賛されるまでに成長した副将は、33歳になる4年後についても「行けるところまで行く」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月13日のニュース