ベンガルズ27年ぶり開幕5連勝!17点差追いつき、延長で勝利

[ 2015年10月13日 05:30 ]

 NFLベンガルズは地元シンシナティで過去2季連続でスーパーボウルに進出しているシーホークスを延長の末に27―24で退け、27年ぶりの開幕5連勝。第3Qまで17点をリードされながら第4Qに追いつき、延長の11分24秒、マイク・ニュージェント(33)が42ヤードのFGを決めて無敗を守った。ファルコンズ、ブロンコス、パッカーズも5戦全勝。昨季の王者ペイトリオッツはカウボーイズに30―6で快勝し、開幕から4つ白星を並べた。

 ベンガルズのQBドールトンは4度のサックを浴びながらも第4Qに底力を発揮。TEアイファートにこの日2回目のTDパスを通すと、残り5ヤードを中央から自らランで突破して3点差に迫った。

 最後はタイムアウトを使い切り、QBが故意にパスを投げ捨てて時間を止めるスパイクさえできない状況。しかし慌ただしくセットした残り5秒からのスナップからニュージェントが31ヤードのFGを決め、これが延長での勝利につながった。次戦は開幕6連勝を懸けてビルズと対戦する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月13日のニュース