ホンダ、初の決勝T進出 連覇目指すトヨタ自動車は1位通過

[ 2015年10月13日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ

(10月12日)
 横浜市と大分市の2会場で第10節の6試合を行った。ホンダが3―2でSGホールディングスグループに競り勝ち、4位が確定。4強以上による決勝トーナメント進出を初めて決めた。連覇を目指すトヨタ自動車は豊田自動織機に14―2で大勝し、1位通過を決めた。

 ホンダが1部に昇格して11年目、新たな扉を開けた。最終戦で接戦を制し、決勝トーナメント進出が決定。エースのメローを中心に歓喜の輪が広がった。これまであと一歩届かなかった4強入りを決めたのは、昨年まで幾度となくチャンスを逸してきた打線だ。「いつもメローに迷惑をかけているから打撃で助けたいと思っている」と奮起した小川は中前適時打を含む2安打。攻守ががっちりかみ合って、夢の舞台をたぐり寄せた。

デンソー(14勝8敗)
 000 001 1─2
 000 000 1─1
戸田中央総合病院(8勝14敗)
 (デ)山口、トレイナ―山沢
 (戸)パウリー―チェデスター

ペヤング(3勝19敗)
 000 010 1─2
 220 200 X─6
太陽誘電(10勝12敗)
 (ペ)比嘉、邱―古関、山本
 (太)藤田、森―佐藤

ビックカメラ高崎(17勝4敗)
 010 111 1─5
 000 000 1─1
日  立(13勝8敗)
 (ビ)浜村、上野―我妻
 (日)山中、小薗―清原

豊田自動織機(16勝6敗)
 100 001 0─2
 401 324 X─14
トヨタ自動車(19勝2敗)
 (豊)栗田、井俣、奥田―沢井
 (ト)アボット、山根、平原―渡辺、馬場

伊予銀行(5勝17敗)
 002 001 0─3
 000 001 0─1
NECプラットフォームズ(3勝18敗)
 (伊)木村―池田
 (N)三木―滝下

SGホールディングスグループ(7勝15敗)
 000 010 1─2
 002 010 X─3
ホンダ(15勝7敗)
 (S)パーナビー、加藤、関根、パーナビー―山科
 (ホ)メロー―田井

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月13日のニュース