13年6月ウェールズから歴史的勝利 同10月HCが脳梗塞に

[ 2015年10月13日 05:30 ]

<日本・米国>試合を終え、円陣を組む日本代表フィフティーン

 【エディージャパン4年間のメモリーズ】

 ▼11年9月27日 W杯ニュージーランド大会最終のカナダ戦で引き分け、ジョン・カーワン前HCが退任示唆。後任候補に挙がる

 ▼12月26日 当時サントリーGM兼監督だったジョーンズ氏の新HC就任が決定

 ▼12年3月19日 代表メンバー30人を発表。当時、東福岡高3年の藤田らを選出。外国出身はリーチ1人だけ

 ▼4月3日 静岡県掛川市のつま恋で初合宿開始

 ▼4月28日 初試合となるアジア5カ国対抗のカザフスタン戦(アルマトイ)に87―0で勝利

 ▼6月20日 フレンチ・バーバリアンズ戦(秩父宮)に21―40で敗戦。選手の闘志のなさ、会見での広瀬主将(当時)の苦笑いに激怒

 ▼11月10日 欧州遠征のルーマニア戦(ブカレスト)に34―23で勝利。欧州勢から史上初のアウェー勝利を収める

 ▼13年6月15日 11年W杯4強のウェールズとの第2戦(秩父宮)に23―8で歴史的勝利

 ▼10月15日 合宿地視察から帰京したジョーンズHCが軽度の脳梗塞で倒れる。年内はワイズマンテル・テクニカルアドバイザーが代行を務める

 ▼11月2日 ニュージーランド戦(秩父宮)に6―54で大敗

 ▼11月29日 ジョーンズHCが都内で復帰会見。「ニュージーランド戦はオーソドックスなラグビーをしていたが、それではダメ」といきなり苦言

 ▼14年4月8日 長野・菅平高原での合宿で、広瀬に代わってリーチが新主将に就くと発表。外国出身主将は史上2人目

 ▼5月25日 アジア5カ国対抗の香港戦(国立)に49―8で勝利し、8大会連続のW杯出場が決定

 ▼6月21日 ティア1のイタリア戦(秩父宮)に26―23で勝利

 ▼11月10日 最新の世界ランキングで史上初の1桁となる9位に

 ▼11月15日 ルーマニア戦(ブカレスト)に18―13で勝利してテストマッチ11連勝。同23日のジョージア戦(トビリシ)に24―35で敗れ、連勝がストップ

 ▼15年4月6日 宮崎でW杯に向け、過去に例のない長期合宿を開始

 ▼8月25日 日本協会がジョーンズHCが当初の15年いっぱいを早め、W杯後の11月1日付で退任すると発表

 ▼8月31日 W杯メンバー31人を発表

 ▼9月5日 W杯前最後の実戦となるジョージア戦(グロスター)に13―10で勝利

 ▼9月19日 W杯1次リーグB組初戦の南アフリカ戦(ブライトン)で34―32で競り勝つ歴史的快挙

 ▼10月3日 同第3戦のサモア戦(ミルトンキーンズ)に26―5で勝利。日本の1大会2勝は初

 ▼10月11日 同最終戦の米国戦(グロスター)に28―18で勝利。同組3位で大会を終える

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月13日のニュース