桐生、今季自己最速タイVも“不満” リオ参加標準は届かず

[ 2015年9月23日 05:30 ]

男子100m決勝 10秒19の大会新記録で優勝した桐生祥秀。右奥は2位の岩崎浩太郎

陸上関東学生新人選手権第2日

(9月22日 埼玉・上尾運動公園陸上競技場)
 男子100メートルで10秒01の記録を持つ桐生祥秀(19=東洋大)が、向かい風0・5メートルの中、10秒19の大会新記録で優勝した。右太腿裏肉離れからの復帰2戦目で今季自己ベストタイ記録だったが、風に恵まれず16年リオデジャネイロ五輪の参加標準10秒16には届かず。23日は200メートルに出場する。

 桐生のライバルは、他の選手ではなく風だった。予選は向かい風1・9メートルで10秒45。「(会場の)上尾は追い風が吹くって聞いていたけど、ド向かいだった」。苦笑いを浮かべた2時間後、決勝も向かい風0・5メートルで10秒19。タイムを狙った大会でリオ参加標準に届かず、「納得いかない。もっといけたかなって感じ」と振り返った。

 右太腿裏肉離れからの復帰2戦目。タイムは復帰戦だった日本学生対校選手権と同じ10秒19だったが、確かな手応えもある。この日はスタートで出遅れたものの、中盤はスムーズに加速。「全体的な流れをつかみ始めた。どんどん上がってきている」。

 本格的に練習を再開してから、まだ1カ月余り。土江コーチも「今は8割くらい。よくこの状態まで戻ってきた」と話した。桐生は23日に200メートルにも出場する。リオは100&200メートルで目指す方向。「200メートルは走れないように思われているのが気に食わない。200メートルも走れるイメージを付けときたい」と強い口調で気合を入れていた。 

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年9月23日のニュース