清水、石川ら日本代表14人発表 五輪懸けたバレー男子W杯

[ 2015年9月2日 17:39 ]

 2位までがリオデジャネイロ五輪出場権を得るバレーボールのワールドカップ(W杯)男子大会の日本代表14人が2日に発表され、主将の清水(パナソニック)や19歳の石川(中大)らが選ばれた。南部監督は東京都内での記者会見で「出るからにはリオの切符に挑戦していく。いいところが出れば強豪と接戦ができる」と意気込んだ。

 日本の世界ランキングは20位で参加12チーム中11番目。それでも今夏はアジア選手権を制し、その後の国際大会でも世界11位イラン、12位フランスを破るなど勢いづいている。清水は「サーブが決まれば強いチームを崩していける」と自信を見せ、石川は「目の前の試合をどう戦っていくか考えていきたい」と初の大舞台を見据えた。会見後は練習を公開した。

 W杯は総当たりで争われ、8日に広島県立総合体育館などで開幕する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月2日のニュース