吉田沙保里が歌手デビュー 石井アナ兄弟ユニットに参加

[ 2015年9月2日 05:30 ]

実家に飾ってある3きょうだいで獲得してきたメダルをバックに石井大裕(左)、石井大貴(右)と記念撮影する吉田沙保里

 女子レスリングの吉田沙保里(32)が歌手デビューする。

 TBSアナウンサーの石井大裕(ともひろ、30)と、同局営業局員の石井大貴(ともたか、33)による兄弟ユニット「Well stone bros.」の新曲「目を覚ませ」(10月14日発売)に客演した。“霊長類最強女子”の意外なほど!?キュートで透き通った歌声が話題になりそうだ。

 昨年9月に韓国・仁川で行われたアジア大会で現地キャスターを務めた大裕と吉田が意気投合。「優勝したらカラオケで祝おう」と約束し、吉田はレスリング界史上初の大会4連覇を達成した。帰国後、大貴も参加してカラオケに行ったところ、吉田の歌唱力の高さに驚いた石井兄弟が、その場で「いつか一緒にCDを出そう」と誘った。

 作詞は大貴が担当。3歳で競技を始め、父の厳しい指導の下、何度も壁にぶつかっては乗り越えてきた吉田のレスリング人生をもとに、「目を覚ませ 立ち上がれ さぁ自分を信じて」とエールを送る応援ソングだ。大裕が少年時代、松岡修造氏(47)のもとで錦織圭(25)とともにテニスの猛特訓を受けた時の様子もシンクロさせたという。作曲はAKB48の「ギンガムチェック」や「心のプラカード」などを手掛けた板垣祐介氏(35)。

 レコーディングは2月に行い、石井兄弟は「あまりに吉田さんの音感が良く、自分たちよりも早くレコーディングを切り上げていてショックだった」と回想。吉田は「とても楽しかった。全部を気に入っている曲だけど、特に自分のソロパートを聴いてほしい」と呼びかけた。ミュージックビデオは日、ユーチューブで公開される。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月2日のニュース