女子対抗戦「ザ・クイーンズ」開催、小林会長「ガチンコ」

[ 2015年9月2日 05:30 ]

 女子ゴルフのツアー対抗戦、ザ・クイーンズ(12月4~6日、愛知・三好CC西C)の開催発表会見が1日に都内で行われた。日本、韓国、オーストラリア、欧州の4ツアー対抗の新規大会で、試合はマッチプレーの形式で行われる。賞金総額は1億円。優勝チームは4500万円を獲得できる。

 日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「マッチプレーなので選手同士のガチンコの戦いになる。見応えのある試合になると思う。女子ゴルフのさらなる発展のために各ツアーと連携を取ってやって参りたい」と期待感を示した。代表選手は各ツアー9人ずつ。日本ツアーは日本女子オープン終了時点(10月4日)の日本国籍を有する賞金ランク上位7人と主催者推薦の2人が代表に選ばれることになる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年9月2日のニュース