作山が初優勝、竹内2位 ジャンプGP白馬大会

[ 2015年8月30日 14:45 ]

 ノルディックスキーのグランプリ(GP)ジャンプ白馬大会最終日は30日、長野県白馬村で男子個人第6戦(HS131メートル、K点120メートル)が行われ、作山憲斗(北野建設)が130・5メートル、127メートルを飛び、合計265・2点で初優勝を飾った。29日の3位に続き今季4度目の表彰台で、個人総合の首位に立った。

 竹内択(北野建設)が128・5メートル、127メートルの253・5点で2位に入り、43歳葛西紀明(土屋ホーム)は11位だった。雪印メグミルク勢の原田侑武は12位、伊東大貴は23位、伊藤謙司郎は27位に終わった。

 ▼葛西紀明の話 かみ合わないが、そこそこいいジャンプだった。これで十分。このまま冬になれば去年のようにいい成績が出ると思う。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年8月30日のニュース