貴乃花親方 離婚危機あった?景子さんは「バラエティー人生みたい」

[ 2015年8月29日 08:48 ]

貴乃花親方・花田景子夫妻

 貴乃花親方(42)花田景子さん(50)夫妻が29日放送のTBS「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。“離婚危機”や兄・花田虎上氏(44)との確執など花田家の“騒動”について語った。

 2人は1995年に結婚。3児に恵まれた。

 当時は角界のスーパースターとフジテレビの人気アナウンサー。景子さんは「あまり(相撲の世界を)知らないから飛び込めたのかもしれないですね。この人に付いていけば、自分の人生、どうにかなるかなと思ったんですよね。深く考えなかったですね。軽い気持ちで入ったら、ビックリすることばっかり」と回顧して苦笑い。

 貴乃花親方も「お互い思ったんじゃないですかね。私も思いましたから。テレビ業界の人と結婚すると思いませんでしたから。やっぱり、かけ離れている世界だなと。生きる道が違うと思いました」と価値観の違いを打ち明け「私は常に生き抜かなきゃいけないというような。横綱を張っていかないという緊迫感が24時間以上続いているので。(妻は)バラエティー人生みたいな」と笑いを誘った。

 司会の阿川佐和子氏(61)が「途中で(結婚生活を)やめようかなと思ったことはあるんですか?」と聞くと、貴乃花親方は「子どもがいましたからね」。景子さんは「もう付いていけないと思ったことはない?」の質問に「ありますよ、それは。でも、やっぱり子どもがいるし。本当に命を懸けて戦っているのは分かるし、そこは大好きなところなので。まぁ頑張るかぁみたいな感じで」と答えた。

 花田家の騒動については「意外と家の中は平穏でしたね」と景子さん。貴乃花親方は「(景子さんは)いや、何か言ってましたよ。『こんな家系だったんだ』って」と暴露し、またも笑いを誘っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年8月29日のニュース