出場選手がおう吐、下痢…リオ五輪ボート会場でジュニア選手権

[ 2015年8月11日 15:12 ]

ボートのジュニア世界選手権女子かじなしフォアで優勝した米国チーム(AP)

 前週にリオデジャネイロで開催されたボートの世界ジュニア選手権に参加した米国代表の13選手と4人のスタッフが、おう吐と下痢の症状を引き起こしていたことが10日になって明らかになった。

 同選手権は五輪のテスト大会として本番と同じロドリゴ・デ・フレイタス湖で開催されたが、米AP通信社が独自の水質検査(五輪競技会場の3カ所で実施)では「スプーン3杯分の水で99%の人間がウイルスに感染する」という結果が出たばかり。とくにロドリゴ・デ・フレイタス湖の汚染度は深刻で、カリフォルニア州南部のビーチの170万倍に達するという驚くべき結果が出ていた。

 大会関係者は体調を崩した原因は食べ物や飲料水ではないと明言。米国代表のスタッフは競技終了後に選手にシャワーを浴びさせ、オールなども消毒していたが、ボート内に置いているペットボトルなどをビニール袋に入れるような“密閉措置”は徹底させていなかった。米国のチームドクターを務めるキャスリン・アッカーマン医師も「個人的見解だが、原因は湖にある」と分析。ペットボトルのキャップについたわずかな湖水が、下痢などの症状を引き起こした可能性が出てきている。

 ブラジル側はこれまでバクテリアの検査のみを行ってきたがアデノ、エンテロ、ロタといったウイルス性病原体の検査は実施していなかった。今回の一件について五輪組織委員会の広報は「米国の選手はエコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)だった」として水質汚染との因果関係を否定したが、英国やオーストラリアの選手(各3人)にも同じ症状が出ており事態は深刻。今後はブラジル政府と国際セーリング連盟が独自の水質検査を実施することになっているが、ボートのスタート地点にまで異臭がたちこめている現状を五輪開幕までに改善するのは絶望的と見られている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月11日のニュース