女子50M自由形の内田、松本は敗退 世界水泳第16日

[ 2015年8月9日 01:40 ]

 水泳の世界選手権第16日は8日、ロシアのカザニで行われ、競泳女子50メートル自由形予選で内田美希(東洋大)は25秒33の全体22位、松本弥生(ミキハウス)は25秒90の38位に終わり、準決勝に進めなかった。

 非五輪種目の女子50メートル平泳ぎで金藤理絵(Jaked)は31秒99の31位、男子50メートル背泳ぎでは金子雅紀(YURAS)が25秒49の23位でいずれも予選敗退となった。

 新種目の混合400メートルリレーで日本(小堀、江原、池江、山口)は3分28秒54の予選10位で決勝進出を逃した。

 女子800メートル自由形決勝はケイティ・レデッキー(米国)が8分7秒39の世界新記録で制し、200メートル、400メートル、1500メートルと合わせて自由形4冠に輝いた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月9日のニュース