Qちゃん熱望サブトラック常設化 新国立問題で五輪相と会談

[ 2015年8月7日 05:53 ]

遠藤五輪相(左)と会談する高橋尚子さん

 2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんは6日、20年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)の新たな建設計画策定に向けて遠藤利明五輪相と会談し、「五輪後に国体やインターハイ(高校総体)の陸上ができないのは致命的」としてサブトラックの常設化を要望した。

 政府は陸上を実施する際に選手が練習用に使うサブトラックは従来案と同じように仮設で対応する方針。大会後に撤去されると、陸上の全国大会や国際的なイベントは開催できない。高橋さんは計画の再検討で「常設できないわけではなさそう」と説明した。

 高橋さんは日本オリンピック委員会(JOC)や日本陸上競技連盟の理事で、東京五輪大会組織委員会のアスリート委員会のメンバー。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月7日のニュース