上野 プレーでもアピールだ!「ジャパンカップ」7日開幕

[ 2015年8月7日 05:30 ]

 ソフトボール女子の国際大会「ジャパンカップ」(スポニチ後援)は7日、岐阜県大垣市で開幕する。

 5大会ぶりの優勝を狙う日本は6日、試合会場となる大垣市北公園野球場で約1時間半の調整。開幕日はくしくも20年東京五輪の追加種目選定で、最終選考に進んだ8つの国際競技連盟(IF)に対して大会組織委員会がヒアリングを始める日と重なった。

 ヒアリングは2日間行われ、世界野球ソフトボール連盟は7日にプレゼンテーションを行う。プレゼンで使用するビデオの撮影も行ったというエース上野由岐子(33=ビックカメラ高崎)は「いいタイミングで試合が行われるので、大切にしたい。初代表の選手も多くて不安もあるけど、結果も内容も求めていきたい」と話した。大会は日本のほか米国、オーストラリア、台湾が参加。総当たりのリーグ戦を行い、最終日に順位決定戦を行う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月7日のニュース