松山 ブリヂストン招待目標は「15アンダーくらい」

[ 2015年8月7日 05:30 ]

ギャラリーにサインする松山英樹(左)

 男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待は6日(日本時間同日夜)、米オハイオ州アクロンのファイアストーンCCで開幕。松山英樹(23=LEXUS)は前日5日にイン9ホールを回り「コースが難しいからこそ勝ちたい。(優勝スコアは)毎年15アンダーくらい出ているが、それに近い数字を出したい」と珍しく目標のスコアを挙げてツアー2勝目に意欲を見せた。

 米国での試合は1カ月半ぶり。「リンクスではないしっかりしたコースは久々。ショットの精度が求められる」とパー70で7400ヤードの難コースを警戒した。午前中はプレジデンツ・カップ(10月、韓国)の世界選抜のミーティングに出席。「選ばれたらいい。(世界選抜は)アダム(スコット)とジェーソン(デー)が絶対的な存在だけど、そこに僕がどうできるか」と刺激を受けていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年8月7日のニュース