五輪招致ソングは盗作? 中国、記事は削除か

[ 2015年8月5日 06:29 ]

 2022年冬季五輪の開催が決まった北京の招致ソングについて、ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌に一部が似ているとして盗作疑惑が浮上している。中国誌の財経(電子版)が5日までに伝えた。その後、財経の記事は当局に削除されたとみられるが、一部インターネット上に転載された。

 問題となっているのは招致委員会が準備した招致ソング9曲のうち1曲の「氷雪舞動」で、映画の主題歌「レット・イット・ゴー」に似ていると指摘された。同映画の中国名は「氷雪奇縁」。

 08年の北京五輪の際は開会式で、少女の歌声が“口パク”だったことなど数々の偽装が発覚。今年2月には、日本の紅白歌合戦に当たる国営中央テレビの春節(旧正月)恒例番組で放送されたコントが、日本のお笑いコンビの作品を盗作したのではないかとの疑惑が持ち上がった。

 北京は先月31日に五輪開催地に選ばれた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年8月5日のニュース