佐野氏会見を前に…デザイナー側が主張「盗作であることは明白」

[ 2015年8月5日 06:05 ]

 2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴと似ていると指摘された問題で、ロゴのデザイナー側が、日本オリンピック委員会(JOC)などに使用停止を求めて送付した書簡の中でエンブレムが「盗作であることは明白」と主張していることが4日、関係者への取材で分かった。

 書簡はデザイナーのオリビエ・ドビ氏や劇場の代理人が作成。7月31日付で国際オリンピック委員会(IOC)とJOCに宛てられ、8日以内に使用停止に同意するよう求めた。応じなければ「管轄する裁判所に使用停止を求めて法的手続きを取る」とした。

 大会組織委員会は「(書簡の)内容についてはコメントを差し控える。今後の対応はIOCと協議中」とした。エンブレムをデザインしたアートディレクターの佐野研二郎氏は盗作を否定しており、5日午前に東京都内で記者会見する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年8月5日のニュース