高校男子の部 東北高トップ発進 福井工大福井が悲願Vへ4打差

[ 2015年8月5日 05:30 ]

4打差の逆転圏内につけた福井工大福井

スポニチ主催文部科学大臣旗争奪平成27年度全国高校ゴルフ選手権大会第36回団体の部第1日

(8月4日 山口県山口市 宇部72カントリークラブ/高校男子=万年池東コース、6958ヤード、パー72、同女子=万年池西コース、6419ヤード、パー72)
 スポニチ主催文部大臣旗争奪平成27年全国高校ゴルフ選手権及び、全国中学ゴルフ選手権の第1日が4日に4人中上位3人のスコアで争う団体戦が行われ、高校男子は連覇を狙う東北(宮城)が211で首位発進した。4打差4位に福井工大福井(福井)がつけた。同女子は作陽(岡山)が205でトップに立ち、昨年優勝の熊本国府(熊本)が208で2位。中学男子は明徳義塾(高知)が227で首位、高川学園(山口)が3打差2位。同女子は沖学園(福岡)が213で首位と好スタートを切った。5日に最終ラウンドが行われる。

 <高校男子>悲願の優勝へ福井工大福井が上々の発進だ。一昨年は2位、昨年は首位に3打差の3位。昨年のメンバー3人が残っており「優勝しかいらない」と強い意気込みで臨み、首位と4打差につけた。ナショナルチームメンバーでエース格の岡崎は最低限のノルマと課したパープレー。「団体戦は差があっても軽くひっくり返る。あすは全員で爆発したい」と全員の思いを代弁した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年8月5日のニュース