柔道81キロ級・永瀬 秘密兵器で“鬼門階級”を制圧だ

[ 2015年8月5日 05:30 ]

 柔道男子81キロ級の永瀬貴規(21=筑波大)が秘密兵器を携えて“鬼門階級”を制圧する。男子代表は24日開幕の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)に向けて宮崎県延岡市で合宿中。永瀬は昨年大会で5位に終わった悔しさを糧に新技の習得に着手したという。

 「今はまだ明かせない」というが、得意の内股を生かすための新たな武器を手にした。「世界選手権で決めたら“あれですよ”って言います」と完成度にも自信ありだ。同階級は世界でも最も層の厚い階級の一つ。現行の階級制度となってからは00年シドニー五輪で瀧本誠が金メダルを獲得したが、世界選手権では唯一日本人が勝ったことのない鬼門。永瀬は日本人初の金メダルの期待を背負う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年8月5日のニュース