上田昭夫さん急死 19年W杯でアイデア 大舞台見ることなく…

[ 2015年7月24日 07:15 ]

難病アミロイドーシスで7月23日に急死した上田昭夫さん

 ラグビー元日本代表SHで、指導者として母校の慶大を大学日本一に2度導いた上田昭夫(うえだ・あきお)氏が23日午前7時39分、難病のアミロイドーシスのため、東京都内の自宅で死去した。62歳だった。84年に31歳の若さで慶大監督に就任し、日本ラグビーのルーツ校を85年度の日本選手権初優勝に導いたほか、総監督を務めていた99年度の大学選手権では創部100周年を飾る優勝。フジテレビのキャスターとしても活躍した、知性派の名将だった。

 最初に慶大監督を退任した後の87年には“一芸入社”でフジテレビに入社。「スーパータイム」などでメーンキャスターを務め、分かりやすい話しぶりでお茶の間の人気を集めた。近年はテレビ解説のほか、東京・秩父宮ラグビー場内のFM放送で試合の見どころを伝えるなど競技の普及にも力を注いでいた。日本で初開催される19年W杯のPRイベントでもアイデアを次々と披露していた「ラグビー界の顔」は、4年後の大舞台を見ることなく帰らぬ人となった。

 ◆上田 昭夫(うえだ・あきお)1952年(昭27)10月21日生まれ、東京都出身。慶応幼稚舎(小学校)5年からラグビーを始め、主にSH。慶応高―慶大と進み、大学4年時には主将を務めた。75年に東京海上火災保険に入社し、同年9月のウェールズ戦(国立)で代表デビューするなど日本代表通算6キャップ。同社を半年で退職してトヨタ自工へ転職し、77年度の日本選手権制覇に貢献した。84年、慶大監督に就任して85年度に日本選手権優勝。87年にフジテレビに入社し、報道番組のキャスターを歴任した。94年から慶大総監督を務め、99年度に大学選手権優勝。12年10月にフジテレビを定年退職。現役時代は1メートル60、60キロ。

 ▽アミロイドーシス アミロイドと呼ばれる線維状の異常タンパク質がさまざまな臓器に付着し、障害を引き起こす難病で、日本では特定疾患に指定されている。複数の臓器に付着する全身性アミロイドーシスと、一つの臓器に沈着する限局性アミロイドーシスに大別される。遺伝性と非遺伝性のものがあり、非遺伝性の患者は国内に数千から数万人いるとされる。主な症状は臓器の機能障害で、リウマチ患者の合併症としても知られる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年7月24日のニュース