鶴竜、栃煌山に押し出され初黒星 全勝は白鵬ただ一人

[ 2015年7月20日 17:58 ]

大相撲名古屋場所9日目は20日、愛知県体育館で行われ、横綱鶴竜が栃煌山に敗れ初黒星を喫した。全勝は白鵬だけとなった。

 鶴竜は差し手が取れないまま栃煌山に中に入られると、そのまま押し出された。

 勝って1敗を守った栃煌山は「立ち合いで低く当たることができた。下から下からじっくりといけた」と振り返った。21日は横綱・白鵬と激突。「きょうみたいに我慢しながら攻めていけたら」と意気込みを語った。

 稀勢の里と照ノ富士の大関対決は新大関の照ノ富士に軍配。ここまで五分の星だった琴奨菊、豪栄道はともに勝って白星を先行させた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年7月20日のニュース