43歳で死去の音羽山親方 昨年がん治療 薬を多く服用 周囲は心配

[ 2015年6月21日 16:43 ]

元大関・貴ノ浪の音羽山親方は急性心不全のため20日、43歳で急死した
Photo By スポニチ

 20日に急性心不全により、43歳で死去した大相撲、元大関貴ノ浪の音羽山親方(本名浪岡貞博)の通夜が21日、名古屋市守山区の斎場で営まれる。

 音羽山親方が原因不明のせきに悩まされたのが、昨年1月だった。せきがとまらずに「胸の下のところにしこりがあった」として、名古屋市内の病院で精密検査したところ、胃がんが見つかった。

 手術を受け、約3カ月の入院後、復帰。以降は1日に3升は飲んでいた酒も、40本は喫煙していたたばこもずっと控えていた。

 「若い頃から無理してきたので、あんまり無理しないことにした。たばこはやめたし、酒もほどほど」と話していたように最近は健康には気を使っていた。ただ、体調に不安がないように見えた一方で、薬を多く服用し、心配する声も周囲にはあった。

 04年夏場所限りで現役引退後は、貴乃花部屋で後進の指導に当たり、ことし2月からは日本相撲協会の審判委員を務めていた。現役時代から心臓に不安を抱え、06年には心停止して生命が危ぶまれたこともあった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年6月21日のニュース