セリーナ4大大会3連勝 年間グランドスラム見えてきた

[ 2015年6月8日 05:30 ]

女子シングルスで優勝したS・ウィリアムズ

全仏オープンテニス最終日

(パリ・ローランギャロス)
 6日の女子シングルスを制したセリーナ・ウィリアムズ(33=米国)が、29日開幕のウィンブルドン(英国)で年をまたいでの4大大会4連勝、自身2度目の“セリーナ・スラム”に挑む。決勝後の会見では「まだ19勝目を喜んでいたのにもう20勝目。これって本当に自分の人生?って感じ。夢みたい」と満面の笑み。

 これで昨年の全米オープンから4大大会3連勝となり「“セリーナ・スラム”にはあと1つよ」とにやり。02年全仏から03年全豪にかけて4連勝を経験しており、3年ぶりの優勝を目指すウィンブルドンで2度目の4連勝を狙う。その先には88年のS・グラフ(ドイツ)以来となる年間グランドスラムも見えてきそうだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年6月8日のニュース