PR:

世界各国から実力者集結 熱戦必至の男子ゴルフ新規大会

 今季から男子ゴルフツアーに加わる「ISPSハンダ グローバル カップ」(25~28日、山梨・ヴィンテージGC)の開催発表会が1日、都内で行われた。ISPS(国際スポーツ振興協会)の半田晴久会長(64)、今季からISPSと所属契約を結んだ谷原秀人(36)、藤本佳則(25)らが登壇し、大会への熱い思いを明かした。

 半田会長は「世界のゴルフ界はグローバル化しているが、日本はガラパゴス化している。スポーツを通じて社会貢献を目指すISPSが突破口を開かないといけない」と熱弁。11年マスターズ覇者C・シュワーツェル(30=南アフリカ)、13年全米プロ選手権優勝のJ・ダフナー(38=米国)、欧州ツアー10勝のI・ポールター(39=英国)ら、文字通りグローバルな大物を招待し、日本ツアーを含め「世界6大ツアー」の選手が頂点を目指すことになる。試合はテレビ東京系6局ネットで中継されるほか、世界5大陸でも放送される予定だ。

 ホストプロとなる谷原と藤本は東北福祉大の先輩後輩の間柄で、普段から仲がいい。用具でも同じ本間ゴルフと使用契約を結んでいる。谷原は13年に国別対抗戦、ISPSハンダW杯(オーストラリア)に出場したことで半田会長と面識があり、自身の後輩の藤本と共に所属契約を結んだ。

 ツアー通算10勝の谷原は、今季も5月の中日クラウンズで2位に入り、現在賞金ランキング11位。“ビリケン”の愛称で親しまれる藤本は通算2勝。今季は初戦の東建ホームメイト・カップ8位、日本プロ選手権3位、関西オープン9位と好調で賞金ランク8位につけている。

 国内トップクラスの実力コンビだけに、ヴィンテージGCでもホストプロとして初代王座を目指す。谷原が「大会に照準を合わせ、全力投球する。藤本と2人で優勝争いをしたい」と言えば、藤本も「谷原さんと力を合わせて盛り上げたい」と誓った。

[ 2015年6月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月20日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画