ミスが響いたベルッシ ダブルフォールトが10本…

[ 2015年5月27日 23:49 ]

全仏オープン2回戦で錦織と対戦したベルッシ(AP)
Photo By スポニチ

 元世界21位のベルッシは、188センチの長身を生かしたサーブと角度を付けたストロークで錦織に対抗したが、勝負どころでミスが響いた。

 全仏直前のジュネーブ・オープンで優勝。「クレーならチャンスもあるし自信もある」と勢いに乗っていた。第1セットはほぼ互角の戦いを演じながら、試合の経過とともに失速。サーブで6本のエースを決めた一方、ダブルフォールトが10本を数え、最後は力尽きた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年5月27日のニュース