連覇狙うシャラポワ 2回戦突破も体調不安、せき込む場面も

[ 2015年5月27日 22:50 ]

3回戦進出を決めたシャラポワ(AP)

 テニスの全仏オープン第4日は27日、パリのローランギャロスで行われ、女子は奈良くるみ(安藤証券)が第13シードのルーシー・サファロバ(チェコ)に2―6、0―6で敗れ、初の3回戦進出はならなかった。第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は2回戦を突破した。

 2連覇を狙うシャラポワは粘り強いプレーが光った。せき込む場面もあって体調が心配されるが「良くなってきた。次の試合に向けて回復させたい」と大きな影響はなさそうだ。

 3回戦では全米オープン優勝経験があるストーサー(オーストラリア)と対戦する。昨年の全仏では4回戦で勝っており「危険な選手だが、対戦成績はいい。これまで通りに戦いたい」と自信をのぞかせた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年5月27日のニュース