大関の待遇 月給は関脇より65万円もアップ 付け人も増える

[ 2015年5月27日 09:29 ]

 大関の待遇 日本相撲協会の看板力士として、各種行事に横綱とともに参加する。月給は横綱の282万円に次ぐ234万7000円。関脇、小結よりも65万4000円多い。

 付け人は関脇以下の3人から5人に増える。東京開催場所の際は両国国技館の地下駐車場を使って出入りが可能。2場所連続の負け越しで転落するが、関脇に落ちた場所で10勝以上挙げれば復帰できる。横綱昇進には2場所連続優勝か、それに準じる成績が必要。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年5月27日のニュース