ジョコビッチが2回戦へ 女子はウィンブルドン準Vのブシャールが初戦敗退

[ 2015年5月27日 08:07 ]

 テニスの全仏オープン第3日は26日、パリのローランギャロスで行われ、シングルス1回戦で男子は初優勝を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がヤルコ・ニエミネン(フィンランド)に6―2、7―5、6―2で勝ち、2回戦に進んだ。第10シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)は姿を消した。

 女子は第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)はアンドレア・フラバーチコバ(チェコ)を6―2、6―3で下した。昨年のウィンブルドン選手権で準優勝した第6シードのウージニー・ブシャール(カナダ)は1回戦で敗退した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年5月27日のニュース