27日に大関昇進伝達式 照ノ富士、口上は「今、考え中です」

[ 2015年5月26日 11:33 ]

 大相撲の東関脇照ノ富士(23)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が大関昇進決定を翌日に控えた26日午前、東京都江東区の同部屋で記者会見し、昇進伝達式での口上について「今、考え中です。自分の気持ちを言いたい」と話した。

 報道陣が用意した過去の伝達式の映像を見て「相撲では負けたらどうしようと緊張するが、(口上を)間違ったり、忘れたりしたらどうしようと緊張する」と笑った。

 照ノ富士は24日終了の夏場所で12勝3敗の成績を収めて初優勝し、昇進の目安とされる直近3場所の合計33勝に到達した。27日午前に東京・両国国技館で開かれる日本相撲協会の名古屋場所番付編成会議と臨時理事会で昇進が正式に決まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年5月26日のニュース