テレサ・ルーが5勝目 4差2位に森田、穴井は3位

[ 2015年3月8日 15:56 ]

14アンダーで優勝を決めトロフィーを手にするテレサ・ルー

 ダイキン・オーキッド・レディース最終日(8日、沖縄県琉球GC=6529ヤード、パー72)は、1打差の2位で出たテレサ・ルー(台湾)が65をマークし、通算14アンダーの202で開幕戦を制した。昨季最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップに続く通算5勝目で、賞金1800万円を獲得した。

 4打差の2位に66で回った森田理香子が入り、首位スタートで初優勝を狙った穴井詩は71で9アンダーの3位だった。宮里美香は7アンダーの5位、横峯さくらは3アンダーの16位。

 ◆テレサ・ルーの話 勝ちを意識せずに最後まで集中してプレーできた。開幕前から不安があったので、どうなるか分からなかった。優勝できたのは本当にうれしい。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年3月8日のニュース