PR:

<三浦国際市民マラソン>松村ツインズV!兄・優樹、ハーフ独走

<三浦国際市民マラソン>男子ハーフマラソン優勝の松村優樹

 ホノルルマラソンの姉妹レース「第33回2015三浦国際市民マラソン」は1日、1万1234人(5キロ=2555人、10キロ=3327人、ハーフマラソン=5121人、キッズマラソン=231人)が参加して行われた。ハーフマラソン男子は4年連続で箱根駅伝に出場した松村優樹(22=順大)が1時間7分14秒で初優勝。10キロ男子に出場した双子の弟・和樹(同)とアベックVを飾った。ハーフマラソン女子は田嶋叶(かなえ、18=東農大)が1時間17分45秒で初制覇。大会後の抽選でハーフマラソン完走者から2人、10キロ完走者から1人が12月開催の「第43回JALホノルルマラソン」に招待された。

 風雨が強まったゴール手前で、沿道にいた双子の弟・松村和の姿を発見した。10キロレースで優勝したことを知り、足取りは軽くなった。順大のランニングウエアを着用した最後のレース、目標は兄弟そろってのV。“たすき”を受け継いだ形で責任を果たした兄・松村優は「後半折り返してから風が強くて、思ったよりもきつかったけど、ほぼ目標タイムだった」と笑った。

 同じレースを走れば優勝者は1人。別々のエントリーで、兄弟は有終の美を狙った。7分先にスタートした弟のレースには実業団の強豪選手がそろった。兄は「大丈夫かな」と心配したというが、そこは静岡・浜松日体高から順大までともに練習し、戦ってきた双子。弟の力を信じ、自身は最初から攻めた。独走となったフィニッシュでは2位に3分30秒の大差がついていた。

 4年連続で箱根駅伝に出場した実力者だ。主将として臨んだ今年の箱根駅伝は1区7位と健闘したものの、チームはシード権奪回はならず12位に終わった。悔しい思いがあっただけに「学生最後をいい形で締めくくれた」と話し、昨年のハーフ2位だった弟の雪辱を果たしたことで兄の威厳も保った。

 今春には実業団の強豪ホンダ入り、愛知製鋼に入社する弟とは初めて別々の道に進む。「なれ合いになるのは嫌だったから」と理由を説明した兄は「目標は20年東京五輪のマラソンに出場することです」と言い切り、こう続けた。「お互いにしっかり頑張って、同じ舞台に立てれば。弟は頑張ったし、きょうの結果を自信にしてくれればいい」。言葉には兄弟愛が詰まっていた。

 ◆松村 優樹(まつむら・ゆうき)1993年(平5)1月14日、静岡県浜松市生まれの22歳。浜松市立南部中で陸上を始め、浜松日体高2、3年時には全国高校駅伝に出場。順大進学後は1年時から箱根駅伝に出場し、1年で9区5位、2年は9区7位、3年は1区9位、主将の今年は1区7位。1万メートルのベストは28分44秒29。今年の目標は5000メートル13分台。1メートル66、49キロ。今春、実業団の強豪ホンダ入りする。

[ 2015年3月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月19日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム