村山 日本人トップ2位 設楽に競り勝つも反省「まだ弱い」

[ 2015年2月22日 05:30 ]

一般男子10キロ 優勝したジョナサン・ディク(左)と競り合う、2位の村山謙太

 福岡国際クロスカントリー大会が21日、 福岡市海の中道海浜公園で世界クロスカントリー選手権(3月28日、中国・貴陽)代表選考会を兼ねて行われ、一般女子6キロは荘司麻衣(中京大)が19分54秒で制した。一般男子10キロはジョナサン・ディク(日立物流)が29分22秒で勝ち、村山謙太(駒大)が9秒差の2位、設楽悠太(ホンダ)が3位だった。ジュニアの男子8キロは坂口裕之(長崎・諫早高)が24分12秒で勝ち、女子6キロは鷲見梓沙(愛知・豊川高)が19分50秒で制した。

 一般男子10キロは、村山が設楽との競り合いを制し、日本人トップとなった。「最後まで粘れた」と口にしたが、何度も後ろを振り返ってライバルの動きを確認したことを「強い選手は振り返らない。まだまだ弱い」と反省した。今春に双子の弟・紘太(城西大)とともに旭化成に入社する。全日本大学駅伝で4連覇した駒大のスピードランナーは「自分たちが盛り上げられれば」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年2月22日のニュース