荘司 “得意”ラスト勝負制す!世界も視野「一つでも上へ」

[ 2015年2月22日 05:30 ]

一般女子6キロ 19分54秒で優勝した荘司麻衣

 福岡国際クロスカントリー大会が21日、 福岡市海の中道海浜公園で世界クロスカントリー選手権(3月28日、中国・貴陽)代表選考会を兼ねて行われ、一般女子6キロは荘司麻衣(中京大)が19分54秒で制した。一般男子10キロはジョナサン・ディク(日立物流)が29分22秒で勝ち、村山謙太(駒大)が9秒差の2位、設楽悠太(ホンダ)が3位だった。ジュニアの男子8キロは坂口裕之(長崎・諫早高)が24分12秒で勝ち、女子6キロは鷲見梓沙(愛知・豊川高)が19分50秒で制した。

 一般女子6キロで、荘司は「(仕掛けるタイミングは)最後の直線と決めていた。それまでは離れないように」とプラン通りにラスト勝負に持ち込み、得意のスパートでロンドン五輪3000メートル障害代表のラカーズ(オーストラリア)を振り切った。昨年は5000メートルと1万メートルで自己ベストを更新し「力がついている自信があった」という。3月の世界クロカンを視野に入れ「いい経験に終わらせるのではなく、一つでも上の順位を目指していきたい」と言った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年2月22日のニュース