西岡完敗 準々決勝敗退…7本のブレークポイント生かせず

[ 2015年2月22日 05:30 ]

準々決勝で姿を消した西岡良仁(AP)

 男子テニスのデルレービーチ・オープンは20日、米フロリダ州デルレービーチで行われ、シングルス準々決勝で西岡良仁(19=ヨネックス)は、バーナード・トミック(22=オーストラリア)に3―6、1―6で敗れた。

 第1セットの第6ゲームで先にブレークを許すと、流れはトミックに一気に傾いた。第1サーブでのポイント獲得率は54%に抑え込まれ、7本あったブレークポイントも一度も生かせなかった。1時間足らずの完敗で準決勝進出を逃した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年2月22日のニュース