中・高・大学で横綱…中村、しこ名は「大輝」 八角部屋入門

[ 2015年2月13日 05:30 ]

中村は自身の四股名が書かれた紙を持ちガッツポーズ

 12年の全国学生相撲選手権を制した日体大4年の中村大輝(22)が12日、東京都墨田区の八角部屋で入門会見を行い、しこ名が「大輝(だいき)」に決定したことを明かした。

 春場所(3月8日初日、大阪市ボディメーカーコロシアム)で前相撲からデビューする予定。中学横綱、高校横綱、大学横綱の栄冠を全て手にしてきた1メートル82、154キロの有望株は「やるからには横綱を目指したい。一番強い白鵬関と早くやってみたい」と意気込んだ。

 しこ名の下の名前は父・明さん、埼玉栄高時代の恩師・山田道紀監督から取って「明道(あきみち)」と名付けられた。八角部屋を選んだ理由については「師匠の八角親方(元横綱・北勝海)の人柄にほれました」と説明。師匠は「厳しく大事に育てたい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2015年2月13日のニュース