バスケ新リーグ16年開幕 今年5月に1部チーム決定も

[ 2015年2月12日 16:17 ]

 日本バスケットボール協会の改革を主導するタスクフォース(特別チーム)の川淵三郎チェアマンは12日、国際連盟(FIBA)から求められたナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグの統合について、新リーグは2016年の開幕で、1部、2部、地域リーグの階層制とし、チームの振り分けを5月には決める考えを明らかにした。

 この日、東京都内で両リーグのチーム代表者と初めて意見交換した川淵チェアマンは、1部は12~20チームを想定していると説明。3月4日の特別チーム第2回会合で1部の参加基準を決め、審査に入るとした。5千人規模のホームアリーナ確保のめどや、財政状況などが条件として考えられるという。

 同チェアマンは4月には新リーグの運営法人を設立する構想も示した。15~16年シーズンは移行期間として両リーグによるチャンピオンシップや交流戦などの実施を検討するという。

 日本協会はFIBAから2リーグの統合で具体的な進展を示せなかった点などを問題視され、昨年11月に無期限の国際試合出場停止処分を受けた。日本代表は16年リオデジャネイロ五輪の予選への出場が危ぶまれる状況となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年2月12日のニュース