04年アテネ五輪で金メダルの野口 08年からは故障続きで苦闘

[ 2015年2月7日 06:52 ]

 ◆アテネ五輪で金から…08年以降の野口の苦闘◆

 ▼04年8月 アテネ五輪で金メダルを獲得。05年9月のベルリンマラソン優勝。07年11月 東京国際マラソン優勝。

 ▼08年8月 スイス・サンモリッツでの合宿中に左脚付け根の肉離れを発症。17日に予定されていた北京五輪のレースを欠場。史上初の女子マラソン連覇の夢は消えた。

 ▼12年1月 ロンドン五輪代表を目指して大阪国際に出場予定だったが、左太腿裏炎症で欠場。

 ▼12年3月 名古屋ウィメンズで07年11月の東京国際以来、1575日ぶりにマラソン出場。2時間25分33秒の6位でロンドン五輪代表入りは逃したがレース後は万感の涙を流した=写真。

 ▼13年1月 大阪国際にエントリーしていたが、2週間前の都道府県対抗女子駅伝欠場の原因となった急性胃腸炎からの回復が遅れ、2年連続でスタートラインに立てず。

 ▼13年3月 名古屋ウィメンズで2時間24分5秒の3位に入り、03年以来、10年ぶりに世界選手権の代表入り。

 ▼13年8月 世界選手権に出場したが、軽い熱中症で33キロ付近で途中棄権。救急車で競技場の医務室に運ばれた。

 ▼14年1月 右大腿骨骨幹部疲労骨折で、大阪国際を3年連続で欠場。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年2月7日のニュース