勝負曲はビートルズ!新生フェアリージャパン「ノリノリで」

[ 2015年2月3日 18:21 ]

 勝負曲はビートルズだ!新体操団体の新生フェアリージャパン、10人が都内で発表された。

 この日はロシアのオペラ「ルスラン&リュドゥミラ」を使ったリボン、「キャント・バイ・ミー・ラブ」など3曲を編集した「ビートルズメドレー」を使ったフープ・クラブを披露。昨年の11月から作り上げたプログラムで、ロンドン五輪代表の畠山愛理(20=東京ジュニアク)は「(ビートルズは)ロックンロールなので、ノリノリで踊れるようにしたい。私は笑顔で踊るのが好き。見ているお客さんが笑顔になれるようにしたい」と好感触。知名度の高い曲について、山崎強化本部長は「ノリが悪いとおかしく見える(ロックンロールは)今までないと思う」としながらも「知っている曲だと手拍子でお客さんものってくれる」と期待した。

 世界選手権(9月、ドイツ)で8位入賞すれば無条件で五輪出場権を得られる。畠山は「絶対(切符を)取る気持ちでやっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2015年2月3日のニュース